スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

「ニンテンドーDS Lite」発売!

2006-03-03 Fri 01:13
アスカ  「今日は待ちに待ったニンテンドーDSLiteの発売日よっ♪
      さっそく買いに行かなくっちゃ」

シンジ  「でもさぁ、欲しい人が凄く多い割りに数が少ないらしいから、
      買うのは難しいんじゃないかなぁ」

アスカ  「平気へ―キ。人気なんてどぉせまたマスコミが大げさに煽ってるだけに決まってるわ。
      今日は平日な上に外は冷え込んでるから、わざわざDS買いに出かける人なんか
      誰もいないわよ」

シンジ  「そ、そ~かなぁ…?」

アスカ  「んじゃさっさと出かけるわよ。シンジ、あんたも来るのよ」

シンジ  「僕はいいよ。DSはあんまり欲しいと思わないし」

アスカ  「誰が買えって言ったのよ!あんたはあたしの付き添い。荷物持ちよ」

シンジ  「とほほ…しょ~がないなぁ。それで、どこで買うの?」

アスカ  「アキバよ。あそこなら腐るほど売ってるでしょ。さ、そろそろ着く頃ね」






アスカ  「……」

シンジ  「……」

アスカ  「…なに、これ…?」

シンジ  「…DSLite買う人の行列みたいだね」

アスカ  「…こんなの、買えるわけないじゃん」

シンジ  「…そう、だね」

アスカ  「世の中って、ヒマな人間が多いのねぇぇ…」

シンジ  「アスカもその中に混じってるんだから、同類だと思うよ」
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

X-BOX360 発売

2005-12-11 Sun 01:00



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051210-00000037-kyodo-bus_all

アスカ  「へぇ、今日発売だったんだ」

シンジ  「アスカは買う予定ないの?」

アスカ  「買うわけないでしょ~!初期型なんか不具合が出るに決まってるじゃん。あわてて買う
      奴なんてバカよ、バカ」

レイ   「世間の注目度も今ひとつみたいね。まだ遊べるソフトが少ないせいもあるでしょうけど
      やっぱり日本で成功するのは今回も難しいのかしら」

シンジ  「どうだろうね。いくらマシンの性能が良くても結局決め手は魅力的なソフトがあるかどうか
      だから、またドラクエとFFが出るハードが一番のシェアを獲得することになるんだろうね」

アスカ  「ちなみにシンジは買う気なの?」

シンジ  「それがさ、最初は発売日に買おうと思ってたんだけど、DOA4が延期になっちゃった
      もんだから見送ることにしたよ」

アスカ  「…あんたまさか、乳揺れが目的なんじゃないでしょうね~!!」

シンジ  「や、やだなぁ…そんなこと、あるわけないじゃない…
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

「プロ野球スピリッツ2」

2005-09-07 Wed 02:10
B0007OKQOYプロ野球スピリッツ2

コナミ 2005-04-07
売り上げランキング : 593

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャン  「あれっ?めずらしいね、綾波がゲームやってるなんて」

レイ   「……」

ジャン  「へぇ野球ゲームかぁ。あっ分かった!さては現実のプロ野球はカープがあまりにも
      ダメダメなもんだから、せめてゲームの世界に現実逃避してるんでしょ」

サンソン 「ば、バカっ!今の綾波には冗談が通じねぇんだよっ!」

ジャン  「そっ、そうなの!?ごめん…悪気があったわけじゃないんだ」

レイ   「…いいのよ、本当のことだもの」

サンソン 「やれやれ、逆鱗には触れずに済んだか。綾波はカープのこととなると見境なく
      逆上するからなぁ」

ジャン  「それで、このゲームって面白いの?」

レイ   「凄く良く出来たゲームよ。球場の臨場感はリアルだし、選手の顔もみんなよく
      似てるし。一瞬現実のプロ野球のテレビ中継と間違えそうになるくらいリアルだと
      思う。ゲームの操作もパワプロになれてれば違和感なく動かせるし、初めての
      人でもそんなに戸惑うことはないんじゃないかしら。ただ、選手のデータが開幕時の
      ものだから巨人にミセリやキャプラ―がいたりなんかするのは正直萎えるわね。
      まぁこれは仕方の無いことだけど」

ジャン  「ふ~ん、綾波としては現時点の野球ゲームの中では一番の出来みたいだね。
      それで今はペナントモードで遊んでるんだ。どれどれ…
       うわっなんだこりゃ!?カープがブッちぎりの首位だよ。しかも先発野手は
      みんな3割超えてるしエラー数ゼロだ!特に前田選手なんてダントツの三冠王に
      なってる。投手陣はみんな安定してるし、中継ぎなんて全員が防御率0点台じゃ
      ないのさ!
      ちょ、ちょっとこれは…いくらなんでも現実離れしすぎなんじゃないの…?」

レイ   「黙ってなさいよっ!!いいじゃないの!せめてゲームの中くらいでは理想のカープを
      作ったって!現実の野球見てたらストレスが溜まる一方なのよ!そりゃ前田様は
      足の状態も大丈夫そうで毎試合出場しててくださるし活躍してくださってるけど、
      やっぱりチームに勝ってほしいのよ!カープ伝統の走る野球を取り戻してほしいのよ!
      鉄壁の守備陣を取り戻してほしいのよ!投手王国を再建してほしいのよぉぉっ!!」

サンソン 「ひええっ!綾波の逆鱗に触れちまったぁぁ」
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

ドラゴンクエストVⅢ

2005-05-14 Sat 01:45
B00062ILP8ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

スクウェア・エニックス 2004-11-27
売り上げランキング : 582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アスカ  「あんたバカぁ!?なんで今頃になってドラクエなんか買ってきてんのよ~」

シンジ  「だって、安かったんだもの。中古で2800円で売ってたんだ。定価が9000円以上
      するゲームがだよ。これは買わなきゃ損だよ」

アスカ  「あんたってホントにウルトラスーパードケチねっ!そんなお金に細かい性格だから
      気まで小さくなっちゃうのよ」

シンジ  「そ、そうなのかな…」

アスカ  「まぁいいわ。で、ちらっとやってみた感触はどうなのよ?」

シンジ  「思ってたより良い感じだよ。3Dになったからドラクエらしさは消えちゃってるかなと
      思ったけど、ちゃんと昔のドラクエの雰囲気になってるんだ。アスカもやってみる?」

アスカ  「そうね。あたしはドラクエはⅦでガックリきちゃったんでⅧはやるつもりなかったけど
      あんたが貸してくれるんならやってみてもいいかな」

シンジ  「やったらハマると思うよ~。フィールドが広くってさ、本当に冒険してる気分になれる
      んだ」

アスカ  「ま、最初のうちはいいけど、慣れてきたら途中でダレてきそうだけどね」

シンジ  「そ、そうかもしれない…」

アスカ  「ところでさ、仲間になるキャラでゼシカっているじゃない?オッパイ大っきいわよね~」

シンジ  「・・・」

アスカ  「ひょっとしてあんた!ゼシカのオッパイが目当てで買ってきたんじゃないでしょうね!!」

シンジ  「・・・何を言うのよ」

アスカ  「ファーストのマネしてごまかそうとするんじゃな~~い!!」

シンジ  「ひえ~!や、やっぱダメですかぁぁ…」
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑

スーパーロボット大戦MX

2005-05-02 Mon 02:38
スーパーロボット大戦MX

バンプレスト 2004-05-27
売り上げランキング : 1,632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シンジ  「あれっ?これって随分前に買ったゲームだよね。まだクリアしてなかったの?」

アスカ  「あのねぇ、ヒマ人のあんたと違って、あたしは色々忙しいの。
      ま、正直言うとあんまりやる気がおきなかったんだけどね」

シンジ  「どうして?確かこのスパロボは久々にエヴァが登場するからって
      張り切ってたじゃない」

アスカ  「確かにね。あたしがゲームに出てくるんだもん、そりゃ楽しみにしてたわよ。
      でもさ、これ簡単すぎちゃって、ゲームとしてのやりがいが皆無なのよね~。
      だもんでついつい後回しになっちゃってて、さ」

レイ   「対象年齢を下げるために簡単にしたんでしょうけど、その割にはエヴァとラーゼフォン
      なんて難解なアニメが物語のメインになってて、小さな子供にはチンプンカンプン
      だったと思う。その辺がアンバランスだったわね」

アスカ  「ほんとホント。エヴァなんかも~ワケわかんなくてイライラしてくるわよ。あんなアニメ
      まともに見てたら頭がおかしくなっちゃうわ」

シンジ  「あ、あのさ…一応自分たちが出てるアニメなんだから、そんなこと言うのやめようよ…」

アスカ  「いーのい~の。あたしなんかあのアニメでトコトン酷い目に遭わされたんだから」

レイ   「私だって、巨大化させられた挙句に最後は首がもげたわ」

アスカ  「そ~いえばシンジ!あんた劇場版でトチ狂ってあたしの首絞めたでしょ!
      あの時の恨み、忘れてないわよ~~!」

シンジ  「そ、それはもう何百回と謝ってるじゃないかぁ~(汗)
      あの時は僕とは別の人格が乗り移ってたんだよぉぉ…名前は確か、庵野だったかな…?
      あれからもう8年近くも経つんだし、そろそろ許してよぉ…」

アスカ  「ふん、まぁいいわ。今日の所は夕食に超豪華ディナーを奢ってもらうってことで
      許しといてあげる」

シンジ  「とほほ~…」

アスカ  「えっと、何の話だったっけ…
      あっそーだ!スパロボよ。とにかくエヴァとラーゼフォンがストーリーの核に
      なってるもんだからワケわかんないのよ。意味不明な専門用語ばっかりだし、妙に
      哲学的な感じだしさ」

レイ   「でも、二つの作品を上手く一つの物語にして絡めてたわ。ゲームとしては
      イマイチだけど、ストーリーに関してはスパロボの中でもかなり面白いほうだったと思う」

アスカ  「ま、あたしがエヴァ量産型についばまれそうになった時に、ロム兄さんが助けに
      現れてきてくれた時はスカッとしたわね。せめてゲームの中でくらい助けてもらわなきゃ
      やってらんないわよ」

レイ   「私はゲームの中でも巨大化させられたわ…」

シンジ  「綾波、そんなに落ち込まないで。第三次スパロボαではきっともっと扱いがよくなってるよ」

レイ   「・・・だといいけど」

アスカ  「それにしてもラーゼフォンってあたし見たことないんだけど、つまんなさそうなアニメね~」
シンジ  「またそういうこと言う~…」

アスカ  「だって台詞読んでてても、全く面白くないんだもん。エヴァはまだ台詞にセンスが
      あるわよ。読んでても気持ちがいいもの。
      所詮はエヴァの二番煎じ、ただのパクリアニメってことね。しかも作り手に才能が
      ないもんだからこんなくだらないアニメにしかならないのよ」

シンジ  「こ、これ以上アスカに喋らせておくと何言い出すかわかんないから、この辺で
      お開きにします。それじゃ、また」

アスカ  「ちょっとぉ~!あたしはまだ言いたいことが残ってんのにぃぃ~!」



別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| GAINAXキャラなりきりブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。